何度も繰り返し使用していると、毛穴はひろがり、黒い隅栓が目立つようになります

勿論、肌へのダメージも大きく、テープやワックスをはがすときに慣れていないと、肌そのものを剥がれてしまったり、気温コーディネートがうまくできずに火傷をしてしまうこともあります。無論、はがすときの痛みもあり、ムダ毛処理以上に大きな異常を肌に与えてしまう原因にもなります。
毛を追い抜くという作用自体が肌へのダメージが著しい作用なので、ムダ毛処理としては後押しできないテクということです。

クリームやジェルの薬剤を使用した脱毛テクは?

除毛クリームや除毛フォーム、脱毛クリームなどと呼ばれている薬剤を使って毛を融かすムダ毛処理テクもあります。これらには、チオグリコール酸カルシウムというアルカリ性の成分が含まれていて、それによって毛を蕩かすというアイテム。処理目指すケ所に薬剤を塗って数分置いた後に落とすだけというテクなので、手軽に広範囲のムダ毛を処理できるので、使用している人も多いテクだ。
中には肌のうわべよりも濃い事の毛まで溶かすことができるアイテムもあり、カミソリよりも利点が大きく、見た目にもきれいに処理できます。

しかし当然この方法も、肌へのダメージは免れません。とくに敏感肌のパーソンには、異常も大きくなりがちだ。また、毛根単位追い抜くわけではないので、すぐにまた毛は伸びて来る。なので、処理回数が上がるときによるデメリットもその分、重なることになります。ヴィタクトの評価を検証してみた