毛抜きによるムダ毛処理も危ない!

一方、毛抜きによるムダ毛の処理テクは、かねてから行われてきました。毛抜きは毛の毛根っから引っこ抜くので、まず抜いてしまえばゼロウィークほどは生えてこないという利点があります。手軽にできる上に、敢然と処理できるので、有効なムダ毛処理テクと思われていますが、実はこれも肌ダメージの大きい危険なテクなのです。毛抜きを使っておんなじケ所の毛を抜け続けていると、毛穴がしだいに広がって行き、そこに隅栓が留まり易くなります。これが酸化すると黒く変化して発疹となり、目立つようになります。
また、毛穴の身近が膨れのぼり、その中に生じる毛も黒く見える。もちろん、肌さわりも全体的にざらざらした感触になり、誠に美しい肌とは言えない状態になることも。

また、毛根から抜け切れずに途中で切れた毛は埋没毛の原因になることもあります。 カミソリでの処理一緒、毛を無理に抜いたため毛根の内輪を傷つけてしまいバクテリアが加わることによって「毛嚢炎」を発症したり、シミや肌そのものを傷つけ出血してしまうなど、肌へのデメリットは数え上げたらキリがないほどだ。

毛抜きによるムダ毛処理以外も注意が必要!

毛抜きでは無く、脱毛テープを扱うテクやワックス脱毛も基本的には同じことです。 テープやワックスは一度に広範囲の処理ができるので、毛抜きより手軽なテクと思われています。
また、ワックスに使われているのは、ハチミツなどの生来材質なので、肌へ利点のほうが注目されがちですが、実は毛穴へのダメージは毛抜きよりも高いくらいなのです。小じわ対策にラメラエッセンスcが効果的