目には見えなくても、カミソリの刃は肌のうわべを削ってしまう

敏感肌のパーソンは勿論、そうではないパーソンにとっても肌ダメージは相当なものになります。さらに、毛穴を傷つけてしまい、毛穴そのものがふさがって仕舞うということもあります。

カミソリによるムダ毛処理の肌トラブル

埋没毛:毛が肌に埋もれたままで伸びてしまうという症状
先埋没毛:毛の末端が尖るため、毛穴ではない肌内輪を貫通してしまうという様子

カミソリでムダ毛を処理すると、こんなトラブルを招きます。
そうなると、毛が肌外に出るまでには時間が罹り、内輪で細菌が発生し感染を起こした「毛嚢炎」という疾患の原因にもなり兼ねません。
そこまでのケースに至らなかったとしても、カミソリ見逃しをしてしまうパーソンや、カミソリの刃を何度も肌に当てていらっしゃるため、肌のうわべが黒ずんでしまうこともあります。

やはり、こんなトラブルはシェイバーや身体シェイバーなどでもおんなじとき。カミソリに比べれば、肌へのダメージは短いものですが、同じように肌のうわべを傷つけることになります。

こんな毛穴トラブルやシミといったマイナスは、後日かりにスキンケアに気をつけてもどうも立て直しテクが見つからないことも手広く、時には生活その肌で過ごしていかなくてはならない、スゴイ問題になる場合もあります。
duoクレンジングバームの口コミ評判