財布の中を居心地よくしてお金を呼び込もう

 

ここ数年、お財布は必ず「長財布」と決めています。なぜなら、「長財布はお金が貯まる」からです。

 

お金が欲しいなら、あたり前なことなんですが、お金のことを大切にしてあげなければいけません。

 

例えば、あなたが眠るとき、あなたの身長より小さいベッドを用意されたらどう感じますか?脚を折り曲げて、腰を丸めて、縮こまって眠っても疲れは取れないし、気持ちよくないですよね。

 

そんな体のサイズに合わないベッドを用意したご主人に腹が立つのではないでしょうか。そんなご主人からはすぐに離れたいし、口コミが広まって、あなたの元に来たいというお金さんはいなくなってしまうかもしれません。

 

お財布という、お金にとっての「お家」を居心地よくしてあげるのはとっても大切なことです。ですから、お金がのびのびと体を休めることのできる「長財布」がいいと思います。

 

しかし、ただ長財布に変えただけではダメです。せっかく広くなったお部屋の中が、ぐちゃぐちゃになっては気持ちよくありません。

 

買い物でたまってしまったレシート、使わないポイントカードなんかでいっぱいになっていたら…。お金さんの気分はきっと良くないですよね。

 

長財布を使うときに気をつけなければいけないのは、容量が増えたことでレシートやカードを溜め込みやすくなること。小まめに整理整頓して、お金さんが出て行きたくない、また遊びにきたい、この場所はすごく居心地がいい〜〜〜と、そう思ってもらえるお財布を心がけましょう。